医薬品製造の将来はデジタル

製薬メーカーは、ラベル管理システムを導入することで、デジタル技術を採用し、競争上の優位性に利用することができます。ラベル管理システムが、今日の厳しい市場環境での企業の競争にどのように役立つかをご覧ください。ホワイトペーパー「デジタルトランスフォーメーションが製薬会社のラベル作成とマーキングの革命化を支援」をダウンロードしてください。

ホワイトペーパーをダウンロード

スライド1

自社のラベル作成を変革した製薬会社のお客様

  • Krka

製薬会社のケーススタディを読む

スライド2

調査実施社

主要製薬企業の意思決定者がラベル作成の課題を強調

今日、製薬メーカーが直面している重要なラベル作成の課題は何でしょうか。Pharmaceutical Manufacturing が最近実施した調査によると、多くのメーカーが依然としてラベル印刷と生産にレガシーシステムを使用しています。製薬メーカーがラベルをデジタル的に変換すれば、そこには無数のチャンスが広がります。

14% 完全に統合を達成

26% 完全にプリンターを統合

34% 別個のシステムを使用

調査結果の完全版を入手

スライド3

コスト削減と市場機会の獲得のカギ

NiceLabel テクノロジーにより、飲食料品メーカーはすべての印刷デバイス、第一次包装 (個装) から第三次包装 (外箱) のラベルに至るまで
すべての包装と配送に対し、単一のソフトウェアプラットフォームを使用できます。NiceLabel を使用すると、より迅速に規格に適合し、
人件費を削減し、製品を素早く市場に送り出し、ラベルのエラーに関連したリコールを回避することができます。
その結果、さらに敏捷な製造運営ができ、貴社は現在と将来の課題に対処し、ますます複雑になる市場環境で競争することができます。

65%

過去10年間で、医薬品のリコールが65%以上増大しました。

出典:GS1

50%

医薬品リコールの50%は、製品のラベル表示またはパッケージのアートワークのエラーに起因しています。

出典:Xtalks

800万ドル

リコール通知の配布にかかる平均コストは800万ドルです。

出典:GS1

20x

医薬品の製品リコールは、米国だけでも現在1週間につき20件起きています。

出典:McKinsey

当社のラベル管理システムの詳細を参照

次へ

パートナーおよび提携

スライド5

シリアル化をデジタルトランスフォーメーションのための踏み台として活用

シリアル化を製薬業界に対する長々しい規制要件のリストにまたもや追加された一項目だと見る人もいます。

NiceLabel では、シリアル化は製薬メーカーがラベル作成プロセス全体をデジタル的に変換できる機会と捉えています。

製薬メーカーがこの機会を活用すれば、お決まりのコンプライアンスの実践を完全なプロセス改善のための革新的なツールに変えることができます。

詳細をご覧ください。

次へ

ケーススタディ

Bilthoven Biologicals が IT インフラを近代化し
ラベル作成プロセスを変革

ケーススタディをダウンロード

スライド3

検証の合理化とコンプライアンスの確保

NiceLabel の VAP(Validation Acceleration Pack)は、規制された環境で検証を合理化するための標準化されたアプローチを提供します。
貴社が市販のソリューションをご使用になっていたり、貴社の環境に合わせて構成したLabel Management Systemをご使用になっている場合でも、NiceLabel の Validation Acceleration Pack は FDA や EUの規制要件に一致しており、検証済みで規格に適合したラベリングソリューションを容易に維持することができます。

NiceLabel VAPの詳細をご覧ください。

NiceLabel VAP

スライド5

NiceLabel を利用して業務のデジタルトランスフォーメーション

NiceLabel のラベル管理システムである LMS Enterprise は、各施設で生産実行システム (MES) との標準統合を導入することにより、ラベル印刷とダイレクトマーキング印刷を自動化できます。マスターデータを集中管理し、唯一の正しい情報源を確立することで、手動データ入力によるエラー、不当表示、関連コストを排除できます。

ラベル印刷を MES と ERP と統合

NiceLabel テクノロジーにより、飲食料品メーカーはすべての印刷デバイス、第一次包装 (個装) から第三次包装 (外箱) のラベルに至るまですべての包装と配送に対し、単一のソフトウェアプラットフォームを使用できます。ラベル生産プロセスをデジタル化することにより、より迅速に規格に適合し、人件費を削減し、製品を素早く市場に送り出し、ラベルのエラーに関連したリコールを回避することができます。その結果、さらに敏捷な製造運営ができ、貴社は現在と将来の課題に対処し、ますます複雑になる市場環境でうまく競争することができます。

規格適合を能率化する文書管理システム

LMS Enterprise には、規格適合ラベル作成向けの文書管理システム (DMS) が搭載されています。DMS は、ロールベースのアクセス、文書のバージョン管理、構成可能な承認ワークフロー、FDA と EU の規制に順守するのに必要な電子記録と電子署名 (ERES) を提供します。DMS は、グラフィックの「ラベル比較」ツールなどのライフサイエンス向けの多数の機能を提供しており、テンプレートのバリエーションを統合し、品質保証を提供するのに役立ちます。DMS は、集中管理ラベルカタログであり、ラベルライフサイクル管理全体を管理し能率化します。

ライフサイエンス規制を上回る電子記録と監査証跡

LMS Enterprise はユニークな「クライアント側」Web印刷システムを搭載していますから、これを使用して同じ高水準の印刷ソリューションを貴社の下請メーカーや配給業者、その他のビジネスパートナーに数分で拡張することができます。ラベル作成と手動での品質保証点検を削減することにより、システムはサプライチェーンの効率性を大幅に改善し、人件費と在庫費を削減します。ユニークな「クライアント側」テクノロジーは、貴社のビジネスパートナーに現用のプリンタを構成、管理する権限を与えます。

すべての SKU のラベルを承認し、多くのラベルテンプレートの作成を回避

NiceLabel のラベルバリアント技術により、ライフサイエンス企業は、作成されたすべてのラベルを SKU レベルまで承認することができます。NiceLabel は、各 SKU のマスターラベルデータと統合し、リアルタイムでテンプレートと連結し、すぐに承認できる「印刷対応ラベル」のスナップショットを作成します。数百、数千というラベルバリエーションを手動で作成することなく、すべての SKU のすべてのラベルバリアントを承認します。ラベルテンプレートの制御により、ラベルが規格に適合し、ラベル変更要求が少なくなり、品質管理コストが削減されます。

ラベルデータを管理して品質管理コストを削減

当社のラベル管理システムは、お客様のマスタデータの管理や作成にも役立ちます。最小限のコーディングで、またはコーディングなしで、迅速にデータ管理アプリケーションを構成できます。アプリケーションは複数のソースからデータを管理することができ、ビジネスプロセスに必要な適切なデータ、ラベルテンプレート、およびプリンターを自動的に選択するビジネスルールを簡単に設定できます。ラベルデータの制御により、能率化されたラベル作成プロセス、規格に適合したラベルとなり、ラベル変更要求や品質管理コストの削減が実現します。

ライフサイエンスのために構築された変更および搬送システム

LMS Enterprise は、製薬会社の一般的な多層構成 IT 環境にシームレスに適合し、各種環境 (開発/品質保証/生産) を通しての管理され、能率化された変更の促進のための変更と搬送システムを含んでいます。

下請メーカーにシステムを拡張

LMS Enterprise はユニークな「クライアント側」Web印刷システムを搭載していますから、これを使用して同じ高水準の印刷ソリューションを貴社の下請メーカーや配給業者、その他のビジネスパートナーに数分で拡張することができます。ラベル作成と手動での品質保証点検を削減することにより、システムはサプライチェーンの効率性を大幅に改善し、人件費と在庫費を削減します。ユニークな「クライアント側」テクノロジーは、貴社のビジネスパートナーに現用のプリンタを構成、管理する権限を与えます。

すべてのプリンターを1つのシステムに統合

LMS Enterprise は、製薬産業で使用されている広範な産業プリンターに対応します。ラベル印刷、ラベル自動貼付機器、連続インクジェット、レーザーマーキング、熱転写オーバープリンタ、熱転写インクジェットなどが含まれます。これにより、すべてのラベルとダイレクトマーキング プリンターを MES と ERP システムに統合する機能を備えたラベル管理システム1台で作業することができます。

ラベル管理システムについて

次へ

ケーススタディ

Krka はラベル作成で
デジタルトランスフォーメーションを行い
コンプライアンスとラベル管理を能率化

ケーススタディをダウンロード

スライド3

ラベル作成プロセスでデジタル
トランスフォーメーションを行い、成長を加速

NiceLabel Label Management System (LMS Enterprise) でプロセスのデジタルトランスフォーメーションを行うメリット:

  • 運営費の削減:隔離や作業のやり直しを削減し、廃棄率、返品率を低減し、顧客満足度が増大します。
  • 迅速な製品化:ビジネスユーザーは、IT の助けを借りることなく、管理されたラベル変更の要請に対応できます。
  • 生産性と信頼性の増大:さらに効果的でロバストなサプライチェーンを作るために、手作業を排除し、ラベルのライフサイクル管理を能率化し、ラベル作成プロセスの透明性を高めます。
  • コラボレーションとコンプライアンスを強化:ラベルプロセスをデジタル化して標準化し、チーム、施設、外部パートナー間でのコンプライアンスを確保することで、競争上の優位を得られます。

当社がラベル作成の変革のお手伝いをします

NiceLabel Label Management System は、オプションとして専門サービスグループ (PSG) が構成して展開することができ、デプロイメントが迅速に行え、ベストプラクティスに従ってシステムが実装されます。PSG チームは、IQ、OQ、PQ 検証パッケージとサービスを提供し、貴社のドキュメントのニーズを満たし、規格に適合する助けをすることができます。

NiceLabel スペシャリストにお問い合わせ

スライド5

製薬メーカーのデジタルトランスフォーメーションの詳細

PMPS  - ラベルのシリアル化

Article

ラベルのシリアル化:デジタルトランスフォーメーション(PMPS、2018年2月、28~29ページ。 ©Samedan Ltd)

詳細

How the Pharma Industrial Internet impacts your label production process

ブログ記事

How the Pharma Industrial Internet impacts your label production process

詳細

ホワイトペーパー

製薬企業における次世代のラベル作成とマーキング

ホワイトペーパーをダウンロード

ブログ記事

ライフサイエンス企業にとって検証がますます重要となる

詳細

ラベルプロセスを標準化すべき5つの理由

ブログ記事

ラベルプロセスを標準化すべき5つの理由

詳細

製薬調査

Case Study

調査により、製薬業界における標準化されたラベル管理の重要性が明らかになりました。

詳細

スライド1

ラベル作成においてデジタルトランスフォーメーションを
行う準備ができていますか

NiceLabel スペシャリストにお問い合わせ