GS1 規格に適合:ビジネスの汎用言語

貴社のやり方でバーコードとラベルを作成し、グローバル サプライチェーンで強力な地位を確保

GS1 は、ビジネスや商品が他のものとどのようにコミュニケーションを図り、サプライチェーンを移動していくかの標準を定めています。最適で、規格に適合したバーコードを作成することが、情報を正しく伝達するのに不可欠です。

しかし、異なる標準、仕様、バーコード、ラベルの複雑な世界に対処していくのは難しいことです。貴社の業務にとって大切な GS1 に集中できるように、無料のリソースをまとめました。これを GS1 の参考書としてご活用ください。

NiceLabel を使用し、GS1 規格適合を達成したお客様

  • Krka

GS1 ケーススタディを読む

スライド2

無料のリソースを活用し、GS1 について学びましょう

製品のバーコードを作成する方法

GS1 は、世界中の店舗販売時点とサプライチェーンにおいて最も広く使用されているシステムです。共通の標準を採用することで、ビジネスパートナーや消費者に効率的かつ迅速で安全に製品を届けることができます。

GS1 ハンドブックをダウンロード

国際商品識別コードの理解

GTIN は、バーコード作成を初めて手掛ける方たちが理解しなければならない最初の用語です。バーコードと混同されることがよくありますが、バーコードはGTINを使用して作成されます。
世界的に一意の14桁の番号であり、取引商品、製品、またはサービスを識別するために使用されます。GTIN は、データベース内のアイテムを区別し、そのアイテムに関する関連情報を明らかにします。

GTIN ハンドブックをダウンロード

STILL&SSCC:梱包単位のラベル作成

Standard International Logistic Label (STILL、標準国際物流ラベル) は、わかりづらく、反復的なラベル作成を標準化されたデータ構造、ラベルデザイン、ラベル配置基準に変えることを目指しています。世界中の物流ユニットラベル作成におけるベストプラクティスの確立に使用されています。各物流ユニットは、固有のシリアル番号である Serial Shipping Container Code (SSCC、連続出荷コンテナコード) が必ず必要であり、これが唯一の義務付けられている要件です。

STILL & SSCC ハンドブックをダウンロード

スライド1

規格適合をチャンスとして活用し、ラベル作成を変革

多くのお客様が GS1 規格への適合を超え、このチャンスを活用し、ラベル作成と印刷プロセス全体でデジタルトランスフォーメーションを行いました。現代的なラベル管理システムを導入することでこれを実現しました。

当社のラベル管理システムは、下記に役立ちます。

  • IT コストを削減
  • 品質保証を改善
  • 隅々まで運用効率を向上
  • 一貫性とスケーラビリティの向上

ラベル管理システムについて

スライド2

当社が GS1 規格適合のお手伝いをします

NiceLabel のプロフェッショナル サービス グループ(PSG)は、展開を加速できるようラベル管理システムを構成して展開するお手伝いをし、ベストプラクティスに従ってシステムが実装されるようにします。

NiceLabel GS1 スペシャリストにお問い合わせ

スライド1

ラベル作成におけるデジタルトランスフォーメーションの詳細

近代的なラベル管理システムの主なメリット

この電子書籍をダウンロードし、隠されたコストを目に見える節約に変え、効率を高め、製品をより早く市場に投入し、最終的には売上を高める方法をご覧ください。

電子書籍をダウンロード

NiceLabel からラベル作成ガイドを無料でダウンロード

NiceLabel の最近のブログ記事

ブログ記事

UPC バーコードの構造

UPC バーコードの構造

詳細

ブログ記事

NextGen labeling system

どの産業が GS1 バーコードを使用しているのでしょうか。

詳細

ブログ記事

食品トレーサビリティのためのバーコード

食品トレーサビリティのためのバーコード

詳細