クラウドを使用してサプライヤーのラベル作成を改善し、数億円節約

Label Cloud により、サプライチェーンを管理して在庫を減らし、倉庫からより迅速に製品を移動できる方法をご覧ください。

何十年もの間、企業はサプライヤー、委託製造業者、サードパーティの物流業者などのビジネスパートナーに最適なラベル作成リューションを見つけようと苦闘してきました。一部の大企業は、強制コンプライアンスのモデルを使用して成功しましたが、このアプローチはあらゆる会社で有効なわけではありません。それでは、確実に規格に適合したサプライヤーのラベル作成を実現するのに、最も費用対効果の高い、効率的な方法は何でしょうか。

ホワイトペーパーをダウンロード

スライド1

サプライヤーの一貫していないラベル作成によるコスト

サプライヤーが貴社のラベル作成基準に準拠していない場合、必然的に次のいずれかの問題に直面します。

  • 倉庫のスタッフは、入庫商品を自分たちで識別する必要があります。これは、費用がかさみ、危険が伴う入庫処理の仕方です。
  • 倉庫のスタッフが製品を正しく識別しなかった場合、在庫データが不正確となり、生産期限を逃す可能性があります。
  • 入庫商品のラベル作成に時間がかかります。
  • このような余分な処理時間により、在庫の出荷までの時間が長くなります。入庫を処理するスタッフの人数と、商品を保管する倉庫スペースがさらに多く必要です。

増大する

人件費

効率の悪い

サプライチェーン

過剰な在庫と

倉庫のスペース

市場投入までの時間がかかり

競争上の優位性が低下。

スライド3

Label Cloud を使用して適切に行われるサプライヤーのラベル作成

一貫性のある標準化されたサプライヤーラベルを作成する鍵は、クラウドにあります。Label Cloud を使用すると、ラベル情報を一元的に保存し、ラベル管理プロセス全体を制御し、サプライヤー、委託製造業者、サードパーティの物流業者などすべてのビジネスパートナーに拡張できます。

ラベルの正確性を保証

データベースにはすべてのラベル情報が搭載され、一元管理されていますから、確実にラベルを常に最新の状態に維持し、サプライヤーネットワーク全体に迅速に変更を展開することができます。サプライヤーのプリンターのブランドやテクノロジーに関係なく、同じラベル出力を保証できます。

新規サプライヤーを迅速にオンボード

Label Cloud は、即時展開、迅速なオンボーディングプロセスを提供します。すべてのサプライヤーにおいて、ユーザー名、パスワード、そしてインターネット対応デバイスさえあれば、ラベルを印刷し始めることができます。初日から、サプライヤーは貴社とはビジネスがしやすいことを実感できます。

IT 部の負担とセキュリティリスクを軽減

クラウドベースのサプライヤーのラベル作成により、ITスタッフは、時間をとってサプライヤーに貴社の社内ラベル作成インフラストラクチャへのアクセスを許可する必要がありません。これにより、時間とITリソースが節約され、システムとキーデータが不正アクセスから保護されます。

サプライチェーン管理を一元化

Label Cloud により、一元化されたユーザー管理と記録管理を可能にします。システムにアクセスするサプライヤーの概要と印刷履歴を常に完全に把握できます。また、サプライヤーが常に貴社のラベル作成ソリューションの正しいバージョンを使用していることを確認できます。

スライド2

サプライチェーンのラベル作成を制御

Label Cloud の詳細

スライド2

サプライヤーが正しくラベル作成を行うことの利点

製造業のお客様のこの例では、適切に行われたサプライヤーのラベル作成の利点を示しています。NiceLabel の実装後、入庫商品処理にかかる平均時間は44%短縮されました。倉庫から商品をより迅速に移動できるようになったため、在庫回転率が55%アップしました。その結果、市場投入までの時間が短縮され、競争力が増し、さらに効率的なビジネスモデルとなりました。また、下記のような具体的な節約により収益にプラスの影響が出ました。

お金のサインを手で持っているSVGアイコン
1億650万ドル

在庫の削減による運転資本の節約

貯金箱のSVGアイコン
18万ドル

経済的な節約

クリップボードのSVGアイコン
18万ドル

人件費削減

合計

2億0450万ドル
節約

トラックから荷を降ろす時間が44%短縮されました。倉庫のドック付近の回転率は55%アップしました。在庫が削減され、よりよく管理されるようになり、在庫情報がより正確になり、パレットのトレーサビリティがはるかに良くなりました。」

家具製造会社、サプライチェーンマネージャー。

Würth:サプライヤーのラベル作成の成功事例

CDを使ったインストールプロセスから Web ベースのインストールプロセスに移行することで、Würth の IT 部への負担が大幅に軽減されました。

「購買の観点から言うと、当社がそのまま販売できる状態の商品、つまり Würth の箱に梱包され、当社のラベルでブランド表示されている商品をサプライヤーに納入してもらうことを常に望んでいます。ラベルの印刷がやりやすいほど、サプライヤーはシステムを使用して商品を適切に納品してくれる可能性が高くなります。NiceLabel を使用すると、電話でサプライヤーの担当者の連絡先の詳細を得るだけで、30分後にはそのサプライヤーはプラットフォームにアクセスして、ラベルを印刷でき、商品を当社に適切に納品する準備が整います。」

Simon Koch、
Würth IT部、プロジェクトリーダー/マネージャー

Würth が NiceLabel を利用し、どのようにサプライヤーによるラベル作成を標準化したかをご覧ください。

SAP ケーススタディを読む

サプライヤーのラベル作成を解決しましょう

Label Cloud は、サプライヤーのラベル作成を標準化する最速の手段です。
サプライヤーのラベル作成を改善する方法を当社チームがご紹介いたします。

連絡する