患者の安全、快適さ、スタッフの能率を改善

NiceLabel のラベルデザインと印刷ソリューションが、病院で使用され、あらゆる段階で患者の安全と快適さ、スタッフの能率を高めています。バーコードを使用し、身元確認の間違いを削減し、入院手続きから退院までのプロセスを加速化しています。

NiceLabel の患者 ID ソリューションは、多数の患者の安全イニシアチブの第一歩となります。テキストに加え、バーコードまたは RFID タグを統合することにより、身元確認の間違いの防止をさらに強化することができます。当局は、ますます要件を厳しくしており、すべての病院にバーコードを記載したリストバンドの使用を要請するまでになっています。

印刷したバーコードを含む医療記録・カルテは、各患者の記録を固有に特定し、追跡する、さらに信頼できる方法です。

healthcare labeling

医療会社がラベル作成プロセスを能率化した方法

ケーススタディをダウンロード

healthcare labeling

NiceLabel は、下記の分野で信頼でき正確な ID を提供できるよう、世界各国で使用されています。

  • 患者 ID
  • 輸血割り当てラベル
  • 医療器具管理、例: 器具の在庫、保守点検
  • 検査サンプル
  • 医療記録・カルテ
  • 薬剤ラベル
  • スタッフ ID
  • マテリアルのサプライチェーン管理 

輸血

輸血では、ID が正確でないと死に至りかねないリスクの高い分野です。輸血バッグには、血液型がバーコードで記載されています。輸血対象の患者の詳細をラベルに追加することにより、輸血を始める前に自動的に追加の安全点検ができます。

検査室のサンプルと製薬

患者のベッドのそば、ナースステーション、検査室で、NiceLabel ソリューションを使用して検査サンプル ID を正確に行うことができます。

投薬には時間がかかり、危険も伴います。病院の薬局は、発行した薬剤すべてに対し使用ユニットのバーコードを印刷できます。

バーコードと印刷ラベル: 事務の時間を短縮し、安全を向上

バーコードの患者 ID システムを病院に導入した場合、間違いを削減し、それを訂正するのにかかるコストを削減できるだけでなく、その他多数の利点があります。自動データ入力と検証システムに変更することにより、多数の事務作業がスピードアップし、簡易化できるため、スタッフは事務作業に費やす時間を短縮し、患者に費やす時間を増やすことができます。そのようなシステムは、検査サンプルや検査、結果に関するリアルタイムの情報を提供し、全体的な可視性も改善します。

プリンタ管理: プリンタグループを監視・制御

集中管理コンソールのパワーを活用し、医療 IT スタッフはインターネット接続のあるコンピュータ1台で中央から組織のすべてのラベルプリンタを展開、管理、監視できます。インストールと構成は素早くでき、細かい設定を行わなくてもすぐに使用できます。また、高度なフィルタサポートとラベルファイルの中央レポジトリを使用し、すばやくシンプルに管理できます。NiceLabel は、IT にかかる時間、コストを削減し、プリンタの稼働時間を増やします。

医療会社がラベル作成プロセスを能率化した方法

ケーススタディをダウンロード