ラベル作成プロセスをデジタル化し、ビジネスを変革

ますます規制が厳しなっている環境で競合するには、飲食料品メーカーは新しいテクノロジーを活用し、できるところでコストを削減すると共により迅速に対応しなければなりません。

ラベル作成のデジタルトランスフォーメーションにより、食品・飲料メーカーは敏捷性の改善、生産性の増大、品質管理の改善など、多数のメリットを獲得しています。近代的なラベル管理システムを導入することで、貴社のラベル作成をデジタル化し、得られるメリットをご覧ください。

ホワイトペーパーをダウンロード

ラベル作成を変革した食品・飲料会社

食品・飲料のケーススタディを読む

スライド2

スイスの食品メーカー、Coop は NiceLabel を使用してラベル作成を標準化

Coop は、ヨーロッパ全域に拠点を持つスイスで2番目に大きな小売業者であり、卸売、製造会社も経営しています。同社は、アレルゲン、成分、栄養情報など様々な種類のラベルを印刷しています。また、成分、アレルゲンおよび有効期限の情報を記載した包装ラベルやパレットラベルも印刷しています。

Coop の様々に異なるラベル作成環境を持続していくことは不可能でした。そのため、標準化されたラベル印刷ソリューションを実装することに決めました。プリンターや解像度に関係なく同じ印刷結果を得るために、汎用的でポータブルなラベルを作成することを目標としていました。

ケーススタディをダウンロード

  • Web セミナー提供者:
    xtalks

    大手食品小売業者(Coop)が食品・飲料のラベル製造プロセスの標準化から得たメリット

    スイス第2の大手食品小売業者である Coop Group は、デジタルトランスフォーメーションの成功へのカギを活用しました。

    ここで Web セミナーを見る

  • Web セミナー提供者:


    ラベル作成におけるデジタルトランスフォーメーションがコストを大幅に削減

    飲料・食品メーカーは、ますます厳しい環境下で競争するために変革することを強いられています。

    この Web セミナーの録画をご覧になり、ラベル作成とマーキングのプロセスをデジタル化して成長を加速させる方法を学習してください。

    ここで Web セミナーを見る

ラベルプリンターとマーキングプリンターすべてに1つのソリューション

NiceLabel テクノロジーにより、飲食料品メーカーはすべての印刷デバイス、第一次包装 (個装) から第三次包装 (外箱) のラベルに至るまで
すべての包装と配送に対し、単一のソフトウェアプラットフォームを使用できます。NiceLabel を利用し、ラベル表示のエラーのリスクを排除し、
サプライチェーン効率を最大化できます。NiceLabel ソフトウェアは、規格適合を能率化し、時間を大いに短縮し、運営費を大幅に削減します。

飲食料品メーカーのための将来も使い続けられるテクノロジー

NiceLabel のラベル管理システムである LMS Enterprise は、各施設で生産実行システム (MES) との標準統合を導入することにより、ラベル印刷とダイレクトマーキング印刷を自動化できます。マスターデータを集中管理し、唯一の正しい情報源を確立することで、手動データ入力によるエラー、不当表示、関連コストを排除できます。

すべてのプリンターを1つのシステムに統合

LMS Enterprise は、飲食料品産業で使用されている広範な産業プリンターに対応します。ラベル印刷、ラベル自動貼付機器、連続インクジェット、レーザーマーキング、熱転写オーバープリンタ、熱転写インクジェットなどが含まれます。これにより、すべてのラベルとダイレクトマーキング プリンターを MES と ERP システムに統合する機能を備えたラベル管理システム1台で作業することができます。

ラベル印刷を MES と ERP と統合

LMS Enterprise には、Wonderware や SAP、飲食料品産業で使用されているその他多数の MES や ERP システムのシームレスなサポートとの統合システムが搭載されています。これにより、マスターデータをラベルとダイレクトマーキング プリンターに統合できます。ロット番号や有効期限などのデータを入力するマンマシンインタフェース (HMI) の必要性を排除することにより、手動データ入力のエラーや製品の不当表示によって発生する高くつく間違いを削減できます。

規格に適合した業界特有のラベルをデザイン

ラベルデザイナーは、飲食料品産業を考慮して構築されています。ビジネスユーザーがラベル作成を管理できるようにすることにより、貴重な時間と資金を節約します。その結果、敏捷なラベルプロセスを得られ、EU 1169/2011、F.D.A.の栄養成分表、原産地表示 (COOL)、その他の食品安全規制などの産業要件に素早く順守することができます。業界専用の機能により、アレルゲンや栄養情報の書式設定を迅速かつ簡単に行えます。

完全に透明なラベルプロセスを創出

文書管理システムにより、飲食料品企業はラベルプロセス全体を管理できます。ラベル制作全体を完全に把握することにより、確実に正確なラベル作成を行い、食品安全規制に順守できます。印刷またはマークしたラベルすべての完全トレーサビリティも提供します。印刷を超えたトレーサビリティは、すべての変更依頼、すべてのシステムイベントの発行者、場所、期日の正確な記録を含みます。

ラベル管理システムについて

スライド4

パートナーおよび提携

提携

スライド5

ケーススタディ

国際的な乳製品会社が、グローバル ラベル作成と
ダイレクトマーキング ソフトウェアを標準化し、
競合性の優位を獲得

ケーススタディをダウンロード

スライド3

ラベル作成プロセスでデジタルトランスフォーメーションを行い、市場でのチャンスを活用

NiceLabel Label Management System (LMS Enterprise) でプロセスのデジタルトランスフォーメーションを行うメリット:

  • 運営費の削減:隔離や作業のやり直しを削減し、廃棄率、返品率を低減し、顧客満足度が増大します。
  • 迅速な製品化:ビジネスユーザーは、IT の助けを借りることなく、ラベル変更の要請に対応できます。
  • 生産性と信頼性の増大:さらに効果的でロバストなサプライチェーンを作るために、手作業を排除し、品質管理を能率化し、ラベル作成プロセスの透明性を高めます。
  • コラボレーションとコンプライアンスを強化:ラベルプロセスをデジタル化して標準化し、チーム、施設、外部パートナー間でのコンプライアンスを確保することで、競争上の優位を得られます。

当社がラベル作成の変革のお手伝いをします

NiceLabel Label Management System は、オプションとして専門サービスグループ (PSG) が構成して展開することができ、デプロイメントが迅速に行え、ベストプラクティスに従ってシステムが実装されます。

NiceLabel スペシャリストにお問い合わせ

スライド5

食品・飲料メーカーのデジタルトランスフォーメーションの詳細

ブログ記事

NiceLabel は、食品ロジスティクス上位100+ ソフトウェア&テクノロジープロダイバーに選出されました

詳細

NiceLabel のラベルデザインと印刷アプリケーション

ホワイトペーパー

次世代ラベル作成技術を採用することにより、企業の敏捷性を高め、コストを削減

詳細

ブログ記事

ラベル作成でのデジタルトランスフォーメーションが成功につながる理由

詳細

ブログ記事

食品ラベリル作成システムの未来

詳細

ブログ記事

食品ラベルのデザインツールを完璧にし、栄養表示に関する新規制に向けて準備をするにはどうすればよいのでしょうか。

詳細

Asia Food Journal article preview

Article

食品ラベリル作成システムの進歩

詳細

ブログ記事

酪農担当リポーターが、NiceLabel がどのように大手食品会社が競争上の優位性を獲得するのを助けたかを探ります

詳細

ブログ記事

FDA 栄養表示ラベルの変更点に関しよくあるご質問

詳細

スライド6

ラベル作成においてデジタルトランスフォーメーションを
行う準備ができていますか

NiceLabel スペシャリストにお問い合わせ