エンタープライズ向けラベル作成ホワイトペーパーが、サプライチェーンの敏捷性を改善し、コストを削減する4つの方法を紹介

21. May. 2015

NiceLabel 発行ホワイトペーパー「次世代ラベル作成技術を採用することにより、企業の敏捷性を高め、コストを削減」は、旧式のラベル作成業務による隠れたコスト、非能率性、リスクを特定し、現代的なラベル管理プラットフォームが現在のエンタープライズと拡張サプライチェーンのニーズによく適している理由を説明しています。

今日のネットワーク化された経済では、企業は変動の激しい市場要件、「モノのインターネット」によって促進されている巨大な接続性、そしてますます複雑になる製品、プロセス、サプライチェーンの課題に直面しています。企業は、業務をさらに掘り下げて見つめ、サプライチェーン全体で広くさらに能率を高めるチャンスを探し続けています。ラベル作成は、問題が起きるまで気にかけることのない背景でのプロセスとみなされることがよくあります。そのため、多くの企業でバーコードとRFIDラベル作成の業務とソフトウェアは時代遅れになり、変化するビジネスニーズについていけず、遅れをとっています。

新世代のラベル管理ソリューションは、多数の企業にコストを削減し、敏捷性を改善し、生産停止やラベル規格に適合しないリスクを削減する強力な機会を提供します。分散したラベル作成から現代的で集中管理されたソリューションに移行することで、一般的に4つの方法で企業に役立ちます。

  • 敏捷性を改善: ラベルファイルを作成、維持、更新する時間を短縮することにより敏捷性を改善し、新製品をより早く市場に送り出し、顧客の依頼に迅速に対応することができます。分散したラベル作成を集中管理されたソリューションに移行した企業は、何千もの重複したラベルファイルを削除し、少数の一貫したテンプレートに統合しています。
  • 品質を向上: 矛盾を防止し、エンタープライズシステムとの交換からの待ち時間を排除します。品質の向上により、ラベルのエラーやシステムの故障から生じる配送の遅延や生産ラインの停止を防止します。厳しい管理はラベルの間違いを防止し、リコールのリスクを削減します。 
  • 直接・間接経費を削減: ラベル書式の維持、変更、新しいラベルの作成にかかる労力、時間、専門技術を削減することにより、直接経費を削減します。ラベルの間違いが減少し、規格適合とブランドの一貫性が改善することにより、間接的にも経費を節約することができます。
  • コラボレーションの強化: 企業が変更依頼にさらに迅速に対応し、転換や偽造を防止するのに役立つ高度なラベル作成技法を可能にすることにより、ビジネスパートナーとの協力を強化します。

ホワイトペーパー「次世代ラベル作成技術を採用することにより、企業の敏捷性を高め、コストを削減」をダウンロードして、詳細をご覧ください。

戻る